hadesuの部屋

食いしん坊バンザイ!! 美味しいものを求めて山形県内を西へ東へ。 月イチで飲み会開催しています。 参加者場集中です♪ 居酒屋、お酒、スイーツ、グルメ 土日祝日は更新おやすみします。

2019年10月

毎月月末に開催している飲み会。
10月の会場は「土間土間」さん。全国展開している居酒屋チェーンのお店です。
DSC_0021

今回注目したのは飲み放題。飲み放題を扱っているお店はたくさんあるけど大抵のお店は90分や120分。長いところだと3時間っていうお店もあるけど土間土間さんには時間無制限の飲み放題があるんです!!
DSC_0022

お店の開店時間は夕方5時で閉店時間は午前3時。開店時間から飲み始めれば最大10時間飲み続けることができます。
気になるお値段は2,700円(税別)。果たしてこの価格に見合う内容なのかチャレンジです。



飲み会をスタートした時間は午後7時。ここから飲み放題スタート。
用意された飲み放題のメニューを見てみます。
DSC_0039

ビール、ハイボールにサワー類。日本酒、ワインカクテル類。焼酎は麦、米、芋と種類豊富に揃っています。
飲み放題の中にスパークリング日本酒の「澪(みお)」が入っているのは珍しい。
DSC_0032

まずは生ビールで乾杯。銘柄はスーパードライでした。
DSC_0024




今回は飲み放題だけお願いしていたのでフードを単品で注文していきます。
お願いしたフードの中で良かったのが「タワーオブオニオン」550円。
スタンドの軸にオニオンフライを積み上げたもの。
DSC_0026

衣がカリカリでスパイシーな味付け。濃いめの味付けなのでビールが進みます。
見た目のインパクトもあってよかったです。



それから「漬物盛り合わせ」390円。さっぱりした山芋とポリポリとした食感のごぼうが美味しかった。
DSC_0038




他にも色々と頼んだんだけど良かったのはこの2つくらい。
全体的にはメニューの写真と出てきたものの落差が大きく残念な内容。
DSC_0036

DSC_0033

DSC_0030




特に串焼き盛り合わせが良くなかった。
DSC_0034

レトルトのものを温めただけのような串焼き。これが5本で980円。他のお店と比べるのもなんだけど、小柳さんの美味しくて大きな串揚げが1本130円っていうのを考えるとものすごく高く感じてしまいます。



そんな事を考えながらも飲み物の方は順調に飲み進み体力の限界を感じて切り上げたのはちょうど日付が変わった0時過ぎ頃。約5時間ほどの滞在でした。1件のお店にこれだけの時間おじゃましたのは初めてかも。
感想としては5時間はちょっと長すぎに感じました。私が飲み放題で楽しく飲めるのは2時間くらいが限界みたいです。



私はこんなふうに感じましたが、どれくらい飲むことができるかは個人差が大きいところ。
基本、飲み過ぎは良くないけど、自分の限界を知るという意味でチャレンジしてみるのも悪くないと思いますよ(*´∀`*)
ごちそうさまでした♪
DSC_0040






土間土間 山形店
 山形県山形市香澄町2-3-35
 電話番号 023-615-4166
 営業時間 17:00~2:00(金・土・祝前日 ~3:00)

大石田の次年子にある「次年子小学校」
すでに廃校になっているんだけどその校舎が面白い。
3階建ての円筒形で最上階が体育館になっているらしい。
今は次年子窯という工房が入っていて陶器を作るのに使われています。



この円筒形の校舎が前から気になってました。
いつか見に行きたいと思ってたんだけど、その工房の中に「umui」というカフェがあってランチができるというのを知りおじゃましてきました。
もともとは東京で自然食カフェを営んでいた人が山形に移住してきて始めたそうです。
DSC_4883




お店は建物の2階部分にあります。
専用の入り口は用意されておらず、次年子窯と書かれた入り口をくぐり階段を上って2階へ。
次年子窯で作られた作品が並んでいる中を通り抜けてお店に入ります。
DSC_4884

店内にはたくさんの観葉植物が置かれており、レトロでオリエンタルな雰囲気。
DSC_4885

雑多なような片付いているような不思議な感じの空間です。
DSC_4888

いろんな種類の椅子が並んでいる中から窓に向かってしつらえられたカウンター席に座りました。
窓からはグラウンドとして使われていたと思われる広場が見渡せます。
DSC_4890




黒板に書き出されたランチメニューは2種類。「やさいのさら」1.300円と「かれーのさら」1,200円です。
DSC_4887

この日は妻と2人だったので両方注文してみました。



まずは「やさいのさら」。玄米ご飯とスープが付いてきます。
DSC_4893

メインのプレートには色んな種類の野菜がはいった小鉢が並びます。
たくさんの種類の野菜が食べれるのはうれしい。
DSC_4892

味付けは全体的に薄め。化学調味料は使わずに麹の風味が香る醤油などを使っているようです。
一つ一つは小さいけどたくさん種類があるので満足感があります。



続いては「かれーのさら」。
豚すじ肉の花麹かれーと納豆かれーのあいがけです。
DSC_4894

こちらにもたくさんの野菜がついてきます。
DSC_4895

カレー粉ではなくスパイスを使って作ったカレー。それぞれのスパイスの香りを感じることができます。



豚すじ肉の花麹かれーは大ぶりな肉がゴロゴロ入っていました。
カレーの上にミョウガが添えてあってびっくり!!
DSC_4896

納豆が入っているカレーは初めて食べたけどそれほど違和感ありませんでした。
DSC_4898

どちらのカレーも独特な味わいなので好みは分かれそうです。



今回いただいたメニューはどちらも化学調味料などは使わず自然食材にこだわって作った料理。
そういう部分に魅力を感じる人向けのお店だと感じました。



見てみたかった校舎は期待通り。
3階の体育館は建物が円筒形であることを1番感じることができる空間です。
DSC_4903

体育館にはなぜか電動カートが置いてありました。
お店の方から「乗っていいですよ」と言ってもらったので乗って遊んできました(*´∀`)
DSC_4904




1階にあるトイレも面白い作り。
DSC_4905

畳敷きの部屋に後から取り付けたと思われる洋式の便座があります。
TVで見かける江戸時代の殿様が使っていたトイレを思いだしました(*´ω`*)



建物も料理もオリジナリティー溢れており楽しい時間を過ごすことができました。
ごちそうさまでした♪
クリップボード06






umui(ウムイ)
 山形県北村山郡大石田町大字次年子外楯1205(元次年子小学校)
 電話番号:080-4208-5525
 営業時間:11:00~
 定休日 土・日のみ営業

山形市東原町の「Revi&Blue」さんにおじゃましてきました。
山形でも増えてきた生タピオカ専門店。9月26日にオープンしたばかりのお店。
場所は山大通にあるマックスバリュ東原町店さんの隣。うさちゃんクリーニングがあったところです。
DSC_0012 (conflict 2019-09-28-11-34-10)




お店からちょっと離れたところにある駐車場に車を停めお店へ。
お店の建物や店内はパステルカラーの青が多く使われていて南国風なデザイン。
店頭のポスターには「関西有名パティシエが作る最高の生タピオカドリンク」と書いてあります。
DSC_0009~01

店内には原料となるタピオカ粉からタピオカを作る機械が見えるところにおいてありました。
機械からタピオカの粒がポロポロと出てくる光景はなかなか面白い。
DSC_0004~01




カウンターに置いてあるメニューを見てみます。
DSC_0007


注文は4つのステップになっていて

①メインとなるドリンクを決める
②甘さを決める
③氷の量を決める
④トッピングを決める

って感じ。



注意しないといけないのはトッピングでタピオカを選ばないとドリンクにはタピオカが入っていないということ。
生タピオカ専門店を謳っているのに標準でタピオカが入っていないっていうのはどうなんだろ?
間違えて注文しちゃう人がいそう。



今回は

ベース:ティラミス 580円
甘さ:普通
氷:少なめ
トッピング:タピオカ 70円

という内容でお願いしました。580円+70円で650円でした。



注文してちょっとの待ち時間の後に商品の受け取り。混んでいなかったので5分ほどでした。
店の前に用意されたベンチでいただいてみます。
DSC_0008~01

フタをとってみると見た目はイメージ通りのティラミス。
DSC_0010~01

飲んでみるとかなり甘め。液体部分がかなり濃厚なので吸い込むのにかなり力がいります。
タピオカはモチモチで柔らかめ。他の店のものよりかなり柔らかく感じました。
かき混ぜて飲んでみると程よい甘さに。最初は上の方にかたまっていた甘みの強い部分だけ飲んじゃったみたいです。
よくかき混ぜたほうがバランス良い味わいになるかも。



開店してももなくだけどそれほど混んでおらず注文から受け取りまでスムーズに行うことができました。
メニューにはお茶系の他に白桃やマンゴーなどフルーツ系のドリンクもありました。
次回おじゃましたときにはフルーツ系を試してみたいです。



価格は標準的。味も悪くなかったです。
柔らかめのタピオカとメニューの多さ。自分で組み合わせを選んで好みのドリンクを作ることができる楽しさが他のお店に対するアドバンテージです。
みなさんも好みの組み合わせを試してみてはいかがでしょうか。



そうそう。お店の駐車場でなくてマックスバリューの駐車場に車を停めてきたっぽい人がいました。
お店の駐車場はマックスバリューとは反対側です。交差点を一つ挟んだ先だけどそれほど離れているわけではないので車はそちらに停めましょう。
ごちそうさまでした♪
DSC_0005





生タピオカ専門店 Revi&Bleu(ルヴィーブル)
 山形県山形市東原町4-17-9
 電話番号 023-666-4866
 営業時間 10:00~19:00
 定休日
 https://revibleu1234.wixsite.com/home

山形市七日町、花小路にある「肉ばっか」さんにおじゃましてきました。
DSC_5170




提供しているメインの料理はもちろんお肉。肉ばっか鍋、しゃぶしゃぶ、すき焼きの3種類。
以前おじゃましたときは肉ばっか鍋をいただきました。味、インパクトともに満足行く内容でした。→前回行ったときの記事はこちら
それが、ちょっと前におじゃましたらいつの間にか3種類の他に焼肉が追加されていました。
このときは肉ばっか鍋をいただいたんだけど焼肉のことが気になっていました。
というわけで、今回は焼肉をメインに飲み放題がついたプランをお願いしました。税込み4,000円です。肉の量が違う5,000円のプランもあるそうです。



飲み放題のメニューを見てみる。種類はそれほど多くなくシンプルなメニュー。
DSC_5171

まずは生ビールで乾杯。銘柄はスーパードライです。
DSC_5178




そこに最初のフードが登場。しょっぱなから肉の盛り合わせでした。
DSC_5175

細やかなサシが入って見るからに美味しそうなお肉♪。
コンロで焼いて食べてみる。
DSC_5180

うん、ウマイ♪
期待通りの柔らかくて美味しいお肉です。最近は赤みのお肉が人気だけどこういうサシの入ったお肉もやっぱり美味しい(*´∀`*)



味付けには焼肉のタレ、レモン汁、ネギダレ、オロシダレが用意されています。
DSC_5174

好みのものを使っていいんだけどお気に入りはネギダレ。
同じく七日町にある「尾形家」さんでも使っているもの。
これが脂の乗った肉に合うんだよね。
DSC_5181




次に出てきたのがシーザーサラダ。肉を食べる合間に箸休めとして食べるのにちょうどよい。
DSC_5182




最後に出てきたのが焼きしゃぶ。
DSC_5183

コンロで焼いたお肉を卵の黄身に絡めていただきます。
器に入った黄身に焼肉のタレをかけ肉をつけて食べる。
DSC_5186

常温でおいておくと脂が溶け出してくるような融点の低いサシのお肉。
濃厚な黄身の風味が肉の脂の味と絡んで食べごたえのある料理です。



料理のはこれで全部。
種類は少ないけど美味しいお肉だったので満足感がありました。こういうお肉はそんなにたくさん食べれないからこれくらいで丁度いいかも。
「肉ばっか」という店名からイメージする期待に答えてくれるお店です。
みなさんも美味しいお肉を堪能してはいかがでしょうか。
ごちそうさまでした♪





肉ばっか
 山形県山形市七日町4丁目9
 電話番号 080-9072-2980
 営業時間 17:30~23:00
 定休日 日曜

↑このページのトップヘ