hadesuの部屋

食いしん坊バンザイ!! 美味しいものを求めて山形県内を西へ東へ。 月イチで飲み会開催しています。 参加者場集中です♪ 居酒屋、お酒、スイーツ、グルメ 土日祝日は更新おやすみします。

2019年03月

山形市瀬波にオープンした「はちのや瀬波店」で朝ラーしてきました。
お店があるのは三久ラーメンさんがあった場所です。
DSC_3151

朝6時から営業しているというので朝ごはんとして7時過ぎくらいにおじゃましました。
はちのや営業時間




寒河江にある「はちのや」さんの味を受け継いだお店。
ラーメンを作るのは山形駅前の人気焼鳥店「小柳地下店」のマスター。
忙しい合間を縫って寒河江のはちのやさんに通って教えてもらい、作り方を身に着けたそうです。



店内はテーブルとカウンター席。奥には小上がり席もあります。
席にはメニューが置かれておらずカウンターの上に張ってあるもののみ。
DSC_3158

支那そば 650円
こてっぱち 650円
つけ麺 750円
の3種類です。
店の外に掲げた看板とメニューの文字は寒河江店のマスターが書いたものだそうです。



メニューの中から注文したのは「こてっぱち」。
注文してから5分少々で丼がテーブルに届きました。
1時間近く待つこともある寒河江店とはえらい違い。
このスピードが寒河江店との1番の違いかも。



こてっぱちとはいわゆる油そばで、丼の底に入っているタレに麺を絡めていただきます。
DSC_3154

麺の上には無骨なチャーシューと太いメンマ。それから大量のネギが乗っています。
普通にイメージする油そばと比べると油の量がかなり多め。
この油の量がはちのやのラーメンを食べるとお腹を下すと言われるゆえんかも。
タレは豚骨の風味が強くパンチのある味です。
これに組み合わされる麺は中太の縮れ麺。プリプリで食感が良いです。
DSC_3156

寒河江店に最後に行ったのは10年以上前なので味の再現度は分からなかったけど美味しい油そばでした。



妻が注文した「支那そば」を少し食べさせてもらいました。
DSC_3153

ラーメン用なのでこてっぱちと比べると薄くなっているけどベースとなる味は同じ。
こちらは細麺でした。
DSC_3157




繁盛している焼鳥店とラーメン屋の二足のわらじ。
忙しくて大変だとは思うけど美味しいラーメンが食べられるのは嬉しい♪。
体を壊さないよう気をつけて頑張ってもらいたいです。



決してキレイとは言えない内装と長い待ち時間で敷居の高い寒河江店と比べると入りやすいお店です。
今まで気になっていたけど行っていなかった人もチャレンジしてみてはどうでしょうか。
ごちそうさまでした♪





拉麺はちのや瀬波店
 山形県山形市瀬波3丁目7-46
 営業時間 6:00~
 定休日 木曜

毎月月末に開催している飲み会。
1月は山形市七日町の「tipi cafe」さんで開催しました。
DSC_2781

全面ガラス張りでおしゃれなカフェなんですが、単品の飲み放題も有りお酒も充実しているので時々利用させてもらっています。
お願いしたのは飲み放題込み3,500円のプラン。500円追加するとデザートを付けることも出来ます。



フードは
・生ハムサラダ
・メープルシロップで味付けした牛肉とフライドポテト(料理の名前失念)
・グラタン
・アサリバター(バゲット付き)
・ローストビーフ
・鶏肉のパスタ
といった内容でした。



まずはビールで乾杯。炭酸が強めに感じる美味しい黒ラベルです。
DSC_2782

そこに料理が運ばれてきます。
料理は一気に出てくるのではなく適度な間隔をおいて出してくれます。
DSC_2783

あんまり待ち時間が長いのも困るけど最初にまとめて料理が出てくるのもちょっと味気ない。
こういうテンポで料理を出してもらえると飽きることなく一品一品料理を楽しむことが出来ます。



料理はリストにしてみるとそれほど多くはなさそうに感じるけど食べてみると結構なボリューム。
デザートなしでもかなり満足感がありました。
DSC_2784

味付けは全体的に甘じょっぱい。
食事としても良いし、お酒に合わせても良い。
すべてしっかり人の手を加えて作っている感じがあって好印象です。
この値段でこの内容はかなり満足感があります。
DSC_2785

ドリンクも注文してから出てくるまでの待ち時間が短く、気持よく飲み進めることが出来ました。
DSC_2786




店の名前からすると料理はちょっとつまむ感じなのかなと思っちゃうけどしっかり食べごたえのあるものを出してくれます。
DSC_2787

美味しい料理と美味しいお酒で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
ごちそうさまでした♪
DSC_2789






Tipi cafe(ティピカフェ)
 山形県山形市七日町3-3-2
 電話番号 023-674-0745
 営業時間 11:30~15:00、18:00~22:00(日曜~20:00)
 定休日 木曜日

山形市蔵王成沢の「中華美食屋」さんにおじゃましてきました。
天童市にある人気中華料理屋さんの2店舗目です。
DSC_3058



天童店で食べ飲み放題をいただいたときの記事はこちら。



店内は天童店とは違い木の色をメインとした落ち着いた雰囲気。
DSC_3068

内外装を手がけたのはトップアートセクションさん。
山形市内で飲食店を中心にオシャレなお店を手がけているところです。
江俣の「ニコル食堂」やすずらん街の「マーキガルニ」さんなどが思い浮かびます。



おじゃましたのは日曜日のランチタイム。
テーブルにあった今週のオススメメニューから「麻婆豆腐あんかけ刀削麺」800円を注文しました。
DSC_3061




ランチタイムだと店内中央に用意された料理を自由に食べることができます。
DSC_3059

ご飯に・スープの他に餃子や煮卵。杏仁豆腐なんかもあってかなりの充実度。
DSC_3060




持ってきた餃子やザーサイなんかを食べているところに注文した料理が届きました。
DSC_3063

刀削麺は食べていると後からじわじわ辛さがきます。
山椒が効いて八角も香る本場の味。クセがあるので苦手な人もいるかもしれません。
DSC_3064

麺はかなり幅広できしめんのよう。すするのは厳しいので箸で口に押し込むようにして食べました。
量も多いのでこれだけでかなり満腹になりました。



妻が注文した「黒酢酢豚」を食べさせてもらいました。
DSC_3062

お酢の香りがかなり強め。食べるとむせてしまうくらいでした。
豚肉が大きめにカットされているので食べごたえがあります。



メインの料理よりもバイキングコーナーの充実度か印象に残りました。
夜の営業では食べ放題もあります。
DSC_3065

メニューの中から好きなものをオーダーすることが出来て120分で1,880円(税別)。
これに120分の飲み放題1,190円(税別)を付けても3,070円(税別)。
一部注文できないメニューもあるけど、この価格で飲み食べ放題ってかなりのコストパフォーマンスだね。
メニューには飲み放題込みで税込み3,000円のコースなんかもあったのでお得に宴会することができそうです。



お店を出たのが12時ちょっと前。店の入口には順番待ちの人の列が出来ていました。
今回は開店直後に入店したのですんなり入れたけど、時間に余裕を持って行ったほうが良さそうです。
ごちそうさまでした♪
DSC_3069






中華美食屋山形店
 山形県山形市蔵王成沢772-1
 電話番号 023-616-3353
 営業時間 11:00~15:00、17:00~23:00
 定休日 無休

↑このページのトップヘ